大作

ひかり

210cm×175cm 1985年
第70回院展
”法隆寺に行ってみなさい。”心の師である故渡辺勝市先生が言われたのをきっかけに、斑島の里へ。法隆寺前のバス停に下りた時、全天が朱に染まり、その以前・以後にも見たことのない壮大な夕焼けが展開されたのです。血塗られた聖徳太子一族の悲話を彷彿とさせる茜のドラマでした。夢殿救也観音像、世界の宝物中第一の重宝と私は思っています。屋頂の宝珠が押しとどめる事の出来ない光の放射を象徴して、幾度訪れても”救いはここにあるよ。”と太子の聖魂が伝えて下さるのでした。

大作一覧に戻る